ファンド情報

  • HOME
  • ファンド情報
  • お金のデザイン・エッセンシャル・プロダクツ・ファンド(愛称:明日への礎)

お金のデザイン・エッセンシャル・プロダクツ・ファンド
(愛称:明日へのいしずえ

この投資信託は、主として世界の上場投資信託証券(ETF)への投資を通じて、生きるために必要不可欠と思われる水関連テーマ、食料関連テーマ、エネルギー関連テーマに分散投資し、投資信託財産の⾧期的な成⾧を目指します。

人が生きていくために必要な水・食料・エネルギーに着目

世界的な人口増加、新興国の経済成長等を背景に、水・食料・エネルギー需要の拡大が予想される一方で、気候変動や地政学リスクの高まり等により、供給不足が懸念されています。
それにより、今後新たな技術開発やビジネスモデルの転換が進むことが期待されます。

お金のデザイン・エッセンシャル・プロダクツ・ファンドでは、水・食料・エネルギーの3テーマで直面する需給ギャップの解消に向けた「技術開発」 「ビジネスモデルの転換」がもたらす投資機会を捉える運用を目指します。

当ファンド(愛称:明日への礎)のポイント

  1. 水・食料・エネルギーの3テーマで直面する需給ギャップの解消に向けた「技術開発」 「ビジネスモデルの転換」がもたらす投資機会を捉える運用を目指します。
    • 世界的な人口増加や新興国の経済成長等により、水・食料・エネルギーの需要拡大が見込まれる一方で、今後供給不足が懸念されており、企業による技術革新や継続的な投資が求められています。
  2. ETFを通じて、水・食料・エネルギーの3テーマを有する企業に効率的に投資を行います。
    *ETFとは上場投資信託証券を指します。
    • ETF投資には、効率的な分散投資や取引コストの削減等多くのメリットがあります。
  3. お金のデザインがロボアドバイザーで培ったETFの運用ノウハウを活かします。
    *投資一任契約に基づくサービス
    • お金のデザインは、主としてETFでの運用を行っており、ETFの目利きとして新しい価値を創造しています。

基本情報

ファンド設定日
2022-09-28
基準日 2022-10-03
基準価額 9,906 円
前日比 -42 円
純資産総額 93.30 億円
決算頻度 年1回
決算日 原則、毎年9月10日(休業日の場合は翌営業日)
分配金 0円

詳細チャート

※本チャートは、株式会社お金のデザインが信頼できると判断したデータですが、その正確性、完全性を保証するものではありません。

ファンドの騰落率(分配金再投資)

  1ヵ月間 3ヵ月間 6ヵ月間 1年間 3年間 5年間 10年間 設定来
ファンド - - - - - - - -

月次リポート・交付目論見書・請求目論見書・運用報告書・販売用資料

月次リポート

交付目論見書

請求目論見書

販売用資料

販売会社(五十音順)

本ページに関する注意事項

本ページは、弊社が作成したもので、弊社が運用する投資信託に関する情報等の提供を目的としています。

  • 本ページの情報は作成時点のものであり、予告なく変更することがあります。
  • 本ページの情報は、将来の予測、数値、運用成果を示唆・保証するものではありません。
  • 本ページに記載されている個別の銘柄、商品の推奨をするものではありません。
  • 本ページの著作権は弊社に属します。

投資信託について

  • 投資信託は、預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護対象とはなりません。
  • 投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある証券を投資対象としているため、当該資産の市場における取引価格の変動や為替の変動等により基準価額が変動します。従って投資元本を下回ることがあります。また、投資信託は、個別の投資信託毎に投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることからリスクの内容や性質が異なります。ご投資にあたっては投資信託説明書(交付目論見書等)や契約締結前交付書面等をよくご確認下さい。

各ファンドについて

  • 各ファンドは、ファミリーファンド方式で運用を行います。そのため、各ファンドが投資対象とするマザーファンドを投資対象とする他のベビーファンドに追加設定・解約等があった場合、資金変動が起こり、その結果、当該マザーファンドにおいて売買等が生じた場合等には、各ファンドの基準価額に影響を及ぼす場合があります。
  • 各ファンドは、マザーファンドへの投資を通じてベビーファンドにより運用を行うため、ベビーファンドへの資金流出入からマザーファンドでの組入ETFの売買執行までのタイミングにずれが生じること、売買時のコストや信託報酬等の費用を負担すること等により、各ファンドの基準価額に影響を及ぼす場合があります。
  • 各ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリングオフ)の適用はありません。

各ファンドに係る費用について

  • 申込時に直接ご負担頂く費用:購入時手数料 販売会社にお問い合わせ下さい。
  • 換金時に直接ご負担頂く費用:信託財産留保額 上限 0.15%
  • 投資信託の保有期間中に間接的にご負担頂く費用:運用管理費用(信託報酬)上限 年率 1.65%(税込)
  • その他の費用、手数料:上記以外に保有期間に応じてご負担頂く費用があります。これらは運用状況により変動するため、事前に料率、上限額等を表示することができません。

最新情報はこちら

新たな世界へと挑む異端児を紹介するメディア

PAGE TOP